Home » こう選ぼう!ゲストに喜ばれる結婚式のおもてなし料理。

こう選ぼう!ゲストに喜ばれる結婚式のおもてなし料理。

お料理選び、どうすればいいの!?

結婚式の準備をする中で頭を悩ませることが多いのがお料理選びですね。結婚式場では何通りかのお料理が提案されますが、どう選べばいいのか難しいものです。普段食べなれないメニューに戸惑う人も多いですよね、しかし、ゲストにとってお料理は楽しみのひとつであり、その良し悪しで結婚式の印象が決まってしまうことも多々あります。できれば皆さんに満足して帰っていただきたいものです。今回は、どういった手順でお料理を決定していけばいいのかをまとめてみました。

ゲストの客層をチェックすることから始めよう!

お料理選びの第一ステップは、客層を把握することです。ゲストの多くを占めるのがどのような層なのかを見てみると大まかなお料理のイメージが決まってきます。例えば会社の上司や目上のゲストなど年齢が高い人が多い場合は「和食系」、同僚や友人などの比較的若いゲストが多い場合は「フレンチ系」などと、基本となるコースを決めてしまいます。次のステップは、基本となるコースがどうしても合わなさそうな人はいないかをチェックすることです。お年寄りや妊婦さん、子どものゲストは注意が必要ですね。こういったゲストに対しては個々の対応ができるように配慮しましょう。最近は高齢者用のメニューを用意している会場も多いのでこういったものを利用するのもいいですね。妊婦さんや子どもゲストは食べられないものやアレルギーが多くなりがちなので、個人的にリサーチするのがおすすめです。出欠はがきにアレルギーの有無をを尋ねる欄を設けるのも忘れないようにしましょう。

できるだけ試食をしよう!

メニューが決まったら試食をしましょう。その際は当日と同じメニューを再現してもらえるようにお願いしてみましょう。式場によっては無料の簡易的なメニューで試食を済ませるところもありますが、できれば料金を払ってでも当日と同じメニューをチェックしておきたいものです。こうしておけば、当日のメニューがイメージと違ったという事態を避けることができます。また、試食の際にはどちらかの両親に同席してもらうことをおすすめします。自分たちとは違う視点からの料理の感想はとても参考になるはずです。試食の結果によっては、前菜やメインなどのコースの一部を変更もしくはランクアップすることも検討したいですね。一品を豪華なものに変更するだけでコース全体の印象が変わってくることもよくあるようです。ゲストのために少し奮発してみるのもいいですね。以上、お料理選びの手順を紹介してきましたがいかがたったでしょうか?ゲストの「美味しかった」の声を聞くことができる結婚式になるといいですね!

太田での結婚式場探しを検討している場合、ネット検索を行うことで、空いている時間を活用しながらスムーズに式場探しができて便利です。

Comments are closed.