Home » 婚約指輪はいくらぐらい?給料の3か月分ってほんと?

婚約指輪はいくらぐらい?給料の3か月分ってほんと?

婚約指輪は給料の3か月分といわれていたのは

婚約指輪は給料の3か月分というのを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。でも、これは1970年代に生まれた販売促進のためのキャッチコピーです。中には給料の3か月分で用意したという人はもちろんいるでしょうけど、実際にはそんな余裕はなかったというのが結婚情報誌のアンケート結果から出ているそうですよ。結婚が決まったら、挙式や披露宴、ハネムーン、新生活の準備など、あれやこれやと揃えるものがたくさんあるのが現実なのです。

みんなはいくらくらいかけている?

では、みんないくらくらいを婚約指輪にかけているのでしょうか。これも、結婚情報誌のアンケートによれば30万円程度という結果が出ているそうですよ。確かに、婚約指輪を買ってからすぐにまた結婚指輪を用意しなくてはなりません。婚約指輪一つにそうそうお金を掛けてはいられないというのが本音ともいえそうですよね。中には、指輪は結婚指輪一つあれば十分というカップルだって少なくありませんし、その一方で、50万程度かけるカップルもいるようです。

値段じゃない!が女性の本音

婚約指輪は購入しないというカップルも多い中、やはり女性にとって婚約指輪をもらうということは非常にうれしいものに違いありません。女性が喜んでくれる指輪を選びたいというのが男性の心理ですが、実は値段はいくらでも良いと思っているのが女性の心理ともいえそうです。値段よりも、婚約指輪を贈ってくれるという行い自体が女性を感動されるものなのです。結婚する証として渡すのが婚約指輪なので、値段は気にしなくてもいいのかもしれませんね。

婚約指輪といえばダイヤモンドが定番とされていますが、それ以外にもルビー、サファイアを使ったものや誕生石を使用したリングもあります。

Comments are closed.